社会人が大学に行くことについて

まあね、最初のコメントからも、私はお金をかけない教育法の話をしたら、みんなから一目おかれるのに、あなたは教会とかでもうまくいかなくて、人間性がないんですね、すごいひとは違うのよ、と、私を直接ディスりに来たのと、じぶんスゴイの話しに来た人なんだなあとわかってはいたんだけど。

(私は、自分の事自分で、スゴイでしょ的な発言ができるひとというのは、人から本当にすごいと思ってもらえているかは疑問で、喜ぶタイプだとわかっているから言われていることが多いと思っています。私が凄いなあと思う人は、私からも凄いというけど、謙遜される方が多いし、自分が他からそういうふうに評価されている話もめったにしません。)

社会人に大学が必要かどうか、という問題に関して、昨日書き忘れたんだけど、今は交通至便な駅に大学の社会人向けサテライトとかけっこうあるし、(市大の市民講座も杉本町まで行くものではなくて、梅田の第二ビルか第三ビルだかで受けるものだし)社会人になって、大学以外で、自分の職業で身につけられるものもあるだろうけど、自分の職業にないものとか、まったく職業に関係のない分野の知識を専門家から授業を受けることを週1とか月1とか、ときどきでも持つことが人間性を大事にしてないことだとは思えないんだけど。

自分が社会人大学で外大にいたとき、自分が昔いた弱小電機メーカー(もうどこかわかってもいいから書くけど、大谷選手がエンゼルスと契約したときの後ろの板に、広告載せてた。めっちゃマニアックでカオスな電機メーカーだったんだけど)の、社員が、会社からお金を出してもらって大学来てた。

その人自身が大学を一度卒業したのかとかは、失礼だし聞かなかったのだけど、私が推測するに、工業系とかの大学か専門学校を卒業して、語学が必要になったから外大にきたのだろうと、

もしかしたら専門学校卒で、能力があるのに学歴が大卒でないから基本給が低いのを会社がなんとかしてあげようと思って、民間の語学スクールでいいところを、外大に行かせてあげてるのかもしれないとは思いました。

まあ、逆に語学を学んだ人が、社会人になってから法律とか、経済とかを学びたいと思って、サテライトキャンパスでも、現役の学生が来るキャンパスでも、門を叩くというのはそんなに人間性を重視してないことだと思わない。もちろん、図書館や書店の書籍だけで十分学問ができる人がいてもいいと思うけど、大学に行ったからと言って人間性をおろそかにしているのだとは思わない。

定年や専業主婦、あるいは休職中などで職業がなくても、アルバイトやパートでも、なにかの専門的な職業についているとしても、誰でもそうやって勉強しに行っていいと思う。

市大市民講座だって、直近の講座とか見ていたら、健康に関する医療知識とかの話を、医学部生のような専門の知識を持たない普通の市民向けに開かれている講座とかもあるし、テレビで医療番組を見るより、市民講座を受けたい、とかいう感覚を持っている人が来るんだと思うし、そりゃ医学部卒で医者ですとかいう人にとって、学生の時身につけて仕事で学び続ける知識なのだろうけど、多くの市民にとって、それは専門でない教養で、それを学びたいということが人間性をおろそかにしていることではないと思う。

たぶん、今回、私は本気で怒っていると思う。前のブログの時、失礼なコメントはたくさんいただいたけど、十分な教育を受けたり、一定以上の水準にある職業についているから大学はいらない、みたいな発言はとうてい許容できない。それを人間性を大事にしているかどうかの問題にしているところが本当に許せない。

社会人になって大学に行くということは、なにか未熟者であるかのような捉え方をされるのは好ましくないけど、ただ、法律の専門家が経済の授業を受けるとか、医療の専門家が語学の授業を受けるとか、ある意味誰もが未熟者なんだとは思う。

たぶん、かなり怒っていると思います。

追記:一応私ぐらいの年齢になって思うけど、私が学生だったバブルの時に大学で学ぶことと、ITとか発達して今大学で学ぶこととはかなり違っているのもわかるから、一度自分が専攻にしたような学問を、一度就職するなり家庭にはいるなりして学問から遠ざかっている人が、年月を経て、自分の専攻分野の最前線を大学で学び直したいというのもアリだと思います。学生の時に英文科だったひとが、今どこかの大学で英文科に入り直すとか、それが法律とか経済学部だったりすることでも、アリだと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。