酸っぱい葡萄

面接受けてたとこ、アカンかったです。

どこに応募したかはたぶん秘密にしなアカンくて、でもきっと応募したときにうちのブログの記事みたひとには、そこの求人情報の広告とかブログの中に出てた人がいるんじゃないかな、応募したときにブログ見に来る人がたくさんいたから。

ぜんぜん、そこで応募してるのなんか知らなくて、在宅ワークにひとつ応募したら、その画面に求人出てて。自分の検索履歴がその会社の応募につながったみたいな気がして。(って、あの時期在宅を検索したら誰でも見れたのかもしれないけど。)

『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカのキャンディーバーみたいだった。(ゴールデンチケットは手に入れられなかったけどね。)

ネットで見たら、一次の選考で落ちてる人もいるから、そこを通り抜けただけで自分にご褒美っぽく思う。WEB面接したってだけでも、なんか新しい時代を見れた気がして。

正直、シフトの一切を会社側に決定されるとか勤怠守れるか自信なかったし、6か月で正社員になるチャンスが回ってくるらしいけど、私は扶養のままでいたかったし、正社員になれる自信なんかさらさらなかったし、6か月、最長で1年で雇止めになることがわかっていて家の有線LANを母のピアノの防音部屋につながるように工事してもらうの、ちょっと割に合わないかなとか思ってたし。

って、めっちゃ酸っぱい葡萄の話してる。

買いたいキンドル本が、あのスマートスピーカーが、1割引きで買えるかもしれない、という誘惑で、お急ぎ便がまだ届いてないんですけどみたいな相手の対応をする仕事につこうと本気で考えたくせに。(って、もうどこか言ってるようなものだけど。)

(って、コールセンターじゃなくて、本気の社員の方とか、検索したら、それなりにクリエイティブな仕事している日本人で、ある日突然スカウトとか来た人の話見たんだけど。って、ならなかったそうですが)

なんか、この数日めっちゃ緊張した。大阪外大受けて発表までよりも緊張したかもしれない。(社会人入試は、ある程度試験でどのぐらい自分ができたとかがわかっていたから、高校の時の成績表がマイナスでなければなんとかなってるだろうと思っていたので)

まあ、落ち込んでるヒマはなくて、コールセンターでまた別のとこ応募しました。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

は、1割とかならないので、普通に買う予定。(ブログ書き終わったぐらいに買おうと思う。)

って、ここまで書いて、さっき応募したコールセンター扶養から外れるの気づいたから、ほかの探してました。

ブラックバイトかもしれないと思ってめっちゃググるも、どんな仕事なのかわからない状態で、ネット社会って、検索しているユーザーとか、検索履歴でだれがどんな人とかバレバレなのかもしれないけど、この会社どんな会社とか思っても、ブラックなところはうまく隠すことができたりしてるのかな。

まあ、クリーニング屋、たいがいブラックやったし、きょうびアラフィフやとってくれるところって大なり小なりブラックなんやろうと思うけど。

めっちゃいっつも募集してるやばそうなところに応募してみようかなと思っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





前の中国語教室の人と会ってました。

まえの中国語教室の人と会ってきました。

三番街で一緒にランチ。って、天丼におうどんの定食で、そんなオサレなお店で食べたわけじゃないんだけど。(まあ、おいしかったはおいしかったし、よかったんだけど。)

注文して、定食が届く前に、借りてた本を返して、コピーした絵本の一部を渡して、今の中国語教室のテキストを見せて、したんだけど。

そのときは、期待してたほど絵本のコピーに「ありがとう」がなかったので、若干(´・ω・`)ショボーンだったんだけど。

まあ、前の中国語教室では、長く通っているのに上達してないひとがたくさんいて、そのへんの不満とか聞いていました。

私は、ネイティブチェックを受ける場所を持っているかどうかが問題で、教えてくれる人の力量に頼る気はあんまりなくて通っていて、あとは自分が話したいトーク内容が、その先生が許容してくれるかの問題で、ネットや機械ものを使う勉強法が機械音痴の先生たちに不評だったので、今こうなっているんですが。

今の先生も、私が他の教材とかで勉強しているのはあんまりよく思わないみたいなんですが、今の教室は、今のテキストだけで十分レベルが高いので、テキストに合わせた話をしてるだけでOKみたいなところがあります。

そのあと、喫茶店でコーヒーを飲みながら、おたがいの中国語の学習状況の話をしました。

で、家に帰ってやる気のあるうちに自分の中国語を勉強しはじめようとして、

でも、絵本、私もコピーとって、本の上にペンで意味とか書けるようにしようかなと思いました。で、音もネットから音がきけなくなる可能性があるから、MP3レコーダーに入れておこうと思って、5円コピー機があって、電気屋もあるところに行ってきました。

そしたら、さっきのひとから電話が。
「QRコードを読み取ったのに、音が聞けない。(>_<)」 というので、アンドロイドでは読めないのかもしれないから、アドレスをコピーしてパソコンかなにかで試してみて、と頼んで、もしそれでもだめなら、MP3レコーダーで録音したのをあげるから、と言いました。 で、電気屋でMicroSDカードを買って、コピーした大きさのファイルを買って、コピーして帰ろうとしたら、また電話が。

これは、アップル製品でしか音がきけないという表示が出たそうです。iPadを持っている人だったので、iPadで見てねとお願いして、

で、明日、私が行っている中国語今日教室の体験レッスンを受ける予定で、違う時間帯になると思うのですが、たぶん来るそうです。

これがアフィリエイトやったら、なんか返ってくるのに、と思いますが、なんかの記念品でも貰えないかちょっと期待したりもしています。

こういうのって、私には自分がもうけようとか思って何か買ってもらったり、入会してもらったりするのは向いてないのかなと思います。

まあ、その人にとっても、いい中国語教室になればいいなと思っています。

私は私で、年会費払ってしまったので、土曜を休める状態で次の仕事探すの大変だけど。
(まあ、平日のみのオフィスビルの掃除とか、なんしか探せばあるような気はして。ただ掃除は、思い荷物を抱えないといけないようなのは体力的に無理かもと思ってるけど。)

今日、紀伊国屋前で待ち合わせだったので、紀伊国屋の前にいたら、
10年後の仕事図鑑

入り口のカゴに平置きにされてたので待っている間に読めるだけ読んでて。

面白いからこれも買ってゆっくり読みたいけど、耳の痛いことが書いてあった。

AIを恐れるのは、搾取されるような仕事を選ぶ人間だとかなんだとか。(きっちり暗記したわけじゃないから、引用ではないんだけど。)

まあ、なくなる仕事の例の中にデスクワークとおおきくくぐって書かれてました。

紀伊国屋前のビッグマンにそのとき、宝塚音楽学校のCMが流れていて、まあ、確かにこういう人ら、AIとか関係なさそうやな、と思いました。(まあ、それで今ググったら、5年先までツテで入学者決まってるらしいんだけど。エデュで中高一貫校の中学から受験して残念でも高校に残れるように、学校に秘密で受験できないかの話が載っていた。そのあとにそこまでじゃないですよとの書き込みもあったけど。でもほかの富裕層向けのブログを見たら、それだけ厳しい道をくぐり抜けても、収入と言う意味では見返りの少ない道らしいのだけど。とはいえ娘役はいい結婚話がくるらしいし、政治家になる話も書いてあった。)

ただ、宝塚音楽学校みたいにとは言いすぎだけど、これからの学校教育で重視されるのは、そういうAIでできないことにもっと重点をおいたほうがいいのかなは、なんとなく思いました。(別に、音楽や踊りにばかりじゃなくて、なんか人間ならではの技能をのばす教育ができるように)

馬渕教室が咲くやこの花中高一貫校の対策コースができたんだそうだ。(今のところ、野田阪神校と御幣島校のみ)
咲くやこの花中高一貫校対策コース

富田林高校の中高一貫対策コースの下に書いてあるんだけど。

まあ、知り合いが、咲くやこの花の芸術コースの中高一貫校から私立の芸術大学に進みました。

親御さんとしたら、私立はきついので、公立の芸術大学も受験したのですが、本人の希望がアニメーションだったので、その公立大学はそんな学科ないので、それを推すのは親の希望が強いなと思っていたのですが、芸術系は私立は高いので、なんとも言えない話だなと思っていました。

まあ、そのお子さんの大学受験とNoneの高校受験を区切りに、交友がほとんど途絶えてしまいました。(まあ、その前に、うちが文理校受験目指しているという話をしたぐらいから距離はおかれてたんですが。文理学科ではないにしても、文理学科のある高校に合格したあたりから、会う機会がなくなりました。私としては、そちらは芸術に長けたお子さんを持っていて、うちでは勉強をがんばっている、というお互い様の立場にどうして立ってくれなかったんだろうと残念に思っていますが)

まあ、もし結婚願望がないNoneの気持ちが変わって、将来結婚して子供を産んでとかなって、仕事で忙しいから子育てはオカンにまかすわとか言われたら、たぶんNoneのときとは全然違う育て方するだろうなと思ったりします。

実際、現在AIの発達がこれだけ職業事情を変えているとあって、Noneの進路予定さえかなり方針を変えているし、ただ、いまのところ私も、どうしていいのかわからなくて迷走しているだけかもと思いながら進めているんですが。

まあね、斜めから見てると言われるだけかもしれないけど、たとえば大学教授の子どもなんか、大した勉強してなくても、大きくなれば教職つける保障とかあるのかなと思わなくもないけど。(一生が勉強とか言って)

のびのびと育てればいいんですとかいう人たちは実はハイクラスで、人が嫌がるキツイキタナイ仕事は下層のものがやることに決まっているのかもしれないとかも思ったりしなくもないし。(ひとが嫌がる仕事につく想定をそもそもしなくていい人たちなのかなとか思う。)

10年後の仕事図鑑には、雇われることよりも起業することを考えるように書いてあるみたいだけど。

まあ、技術は高いらしい小さなクリーニング屋で働いてみて、技術は高くても、個人で起業とか、大手には勝てそうにないような気しかしないんだけど。

高い技術を持っていても、それにお金を出せる人が少なければ、やはり儲からないのだろうと思う。

労働の価値とか、商品の価値とか、根本的に考え方を変えるときにきているのかもしれないけど。

それこそ、生活に必要なものは、生きているだけで手にはいり、生活に必要な労働はボランティアでされるようになるような、(これは極端だけど、今の何でも安く手に入り、低賃金で人が働いているのをつきつめると、そんな感じになりそうな気がして)そんな社会とかあるのかもしれないと思う。

まあね、保守の人たちのブログとか読んでいると、守りたいのは「文化」とかじゃなくて、自分たちが有利になっている社会の仕組みなんだろうと思うところもあって、給料が良くて、待遇のいい仕事が優先的に回る人たちというのがいて、そんなボランティアの社会とか、低賃金労働者の成れの果てにすぎないと思わなくもないんだけど。

それでも、私の時代を生きてきた人間として見てみれば、外国に行ったって、本屋の巡回がそのほとんどを占めるような者なら、アマゾンで洋書が買え、そのうちバーチャルで観光名所が3Dで見れるようになるというなら、そんなに必死になって海外旅行に行けるお金とかいらないしな、と思う。

アップダウンクイズとかで、ハワイ旅行が夢だと幼いころに植え付けられた時代の人間だからね。

まあ、そこで、ハワイに行くのが夢だと思うのか、ほかの人が行けないところに行くのが夢だと思うのかで、なにがしたいかの希望が変わってくるんだろうけど。

あと、大阪は、海外旅行者が増えているところだから、外国に行くよりも、外国から来るのを待っているほうが楽だとか思っていて、国際的な体験とか、待っていててもできる場所だからかもしれないけど。
(南北格差とか言われて、キタはインバウンドの恩恵あんまり受けてないんだけど)

今月は今の中国語教室の年間費用が引き落としされる月でもあるし、次の仕事への不安もあるから、本があんまり買えないけど、落ち着いたら、読みたかった本を買って読もうと思います。

あと、いまから中国語の絵本をMP3レコーダーに入れれるだけ入れようと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





若干の開放感(って次どうするよ)

今日は、目覚ましをセットしわすれて、ちょっと遅く起きました。

心理学概論を見たいので、間に合わなかったら教会はお休みするつもりで放送大学を見ました。

心理学の研究方法についてだったけど、Noneは見てたかどうか知らないけど、私はちょっと居眠り。

教会に間に合うぐらいに放送は終わったんだけど、お釣りの小銭が昨日かなり少なくなっていたので、不安になって郵便局に小銭を用意しに行きました。

つり銭、足りなくなったらお客さんにお金借りないといけないようなことがあったらしくて、つり銭足りなくなりそうですとか店長に連絡しても放置なことが多くて、それが繰り返されています。(クリーニングの質とかどうとかより、そのへんキチンとするほうが信頼問題だと思うんだけど。)

お客さんに100円玉足りないので、今度来る時まで貸してくださいとか、言う勇気なかったので、郵便局に行って、日曜なので窓口は開いてないので、自分の貯金から、440円を繰り返し引き出して、あとで両替できるような状態にして用意しました。封筒2枚家から用意していて、100円玉50枚の封筒と10円玉50枚の封筒を作る。(以前、仕事じゃない平日に両替のためだけに呼ばれたこともあります。)

で、家帰ってからNoneに受け皿的感覚で受けることを勧めている大学の過去問を手に入れたいと、Noneの行ってる予備校に何年度から過去問用意しているか聞いて、それほど古いのもないので、ネットで手に入る過去問でどれだけ遡って手に入るか調べていて、そこそこ古いの手に入るところみつけたんだけど、印刷ができなさそうなので、スクショとかなんとかで無理矢理印刷できないかどうか試していて、仕事時間ぎりぎりまで家のパソコンの前にいて。

印刷ができそうな感じをつかんだところで店に行きました。

まあ、仕事は、次がどうなるかわからないけど、まあ、ここから抜けられるんだという開放感があったりします。

やめるとなったら、みんな急に優しいです。

なんか、もう一人のひとは、ブラインドタッチができたら、いくらでも他に仕事があるかのような勘違いをしているみたいで、気楽に次があるかのような話をされるとちょっと気が重くなったりします。(なんか、そのへん勘違いあるから、ブラインドタッチできるぐらいとかで、めちゃくちゃ攻撃してきたんじゃないかとすら思えて)

帰って、明日、前の中国語教室でいっしょだったひとからSNSがあって、今HSK公認のとこにいることを言ったら、情報欲しいということで、梅田で会うことになりました。

タオバオで買った中国語の本、見せて自慢だけするのはなんなので、ちょっとだけコピーをして渡そうと思っています。(たぶんQRコードの部分もコピーしたら使えると思うし)

いいと思ったらタオバオ代行で買う方法を言うので、その人も買えばいいしなと思っています。
(前の中国語教室にいたときは、その本買おうかどうか迷っている話だけはしてました。)

あと、今の教室のテキストとか見せたりする予定です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





Noneと話せるようになってきた。

昨日の夕食後は、Noneと一緒に林先生の初耳学を見ていました。

Noneは尼神インターの渚が苦手なんだけど、尼神インターの渚も東大卒の大工にはちょっとビビってる感じやったで、とか言って、Noneも見ながら「ホンマや」とか言ってました。(しゃべくり007でネプチューンとかにからんでいるのを一度みて、もう尼神インターが出てる番組は見ないと、正月の格付けも見なかったぐらいキライなのですが)

Noneは、最近私に対して態度が変わってきて、とくに認知心理学の講義で子どもの時訓練されたこの方が能力がある話を聞いたあたりから、

なんにもないときに、
N「母さん、ゴメン。」
って言った後、
N「うっそー。」
とか言って胡麻化してました。

なんか、いままで、なんか育ち方に不満があるときは、ほとんど私のせいにしてきてたんだろうな、というのがわかります。で、ここにきて、私が育ててきた考え方とかがわかって、納得がいって、なんか謝りたくなったんじゃないかなと、私は勝手に解釈しています。

先日は、
J「オカンが受験エリートにNoneをさせたかったんやったら、小学校の時に、

とか読ませたりしない。」

と言ったら、

N「そやな。」

と納得していました。

中の紹介ができないので、ひとつだけ、セリフでわかりそうなネタを書いてみます。

01くん「ああ、頭の中にラジオの電波だけではなく、テレビの電波もはいりこむようになってしまった。」

01くん「海外からの電波らしきものもまざっている。こわい・・・とっても不安だ・・・」

01くん「でもまけちゃいけない。きっぱりとはねのけてやるんだ。」

01くん「たとえ集金人が気のよさそうなじいさんでも。」

外の人がノックして「おたく衛星放送みてます♡?」

他も、お気に入りの漫画いっぱいあるけど、コレ秀逸だなと思う。
(とか言って、AppleTVのアプリとかで、海外のチャンネル見れるもので、正規のルートで見れるようにしてるやつなのかなとか思うものもあったんだけど、近いこと思う。って、漫画の方は、妄想とか幻覚幻聴を見てる人を書いてるのだと思うけど・・・どうなんだろう、オタクの世界だから、実際何かをハッキングしているのを、幻覚幻聴のことにしているのかなとも思うし)

なんか、危険人物として排他されそうな人をおもしろく書いて温かく受け入れるようなネタが多くて好きなんだけど、永野のり子さんの漫画。

『科学少年01くん』のなかでは、実は横川電機のロボットの話が一番好き。(ブログで内容をうまく伝えられる自信がないから書けないけど、あどけない横川電機の試作品のロボットに、つい暴力をふるってしまう男の子のお話。)

今朝は心理学概論の講義の1回目を見ながら朝食。(認知心理学の講義は15回全部見ました。)

機能主義とか構造主義とか、臨床心理士の資格の試験に出そうなタームの説明とかありました。

終わったら、私は中国語教室の予習をして、出かけようとするときにタオバオで買った中国語の本が届きました。

スマホでQRコード読んで、朗読の音を聞くことができました。

一気に読んじゃうので、子どもが朗読に合わせてページをめくるのは難しいと思ったけど、寝る前の読み聞かせとか、何かの待ち時間をつぶすのに聞かせるとかにはいい感じかなと思います。

私の買ったのは、幼児に衛生とか、早起きとか、好き嫌いをしないとか、そういう、好ましい人格を育成しようとするもの。

ただ、おもいやりを持とうとかいって、お小遣いを困っている他人のために使おうとか、私なら子育てにそういう教えはしないな、という話も載っているみたいです。(あんまり人助けのために自己犠牲とかしようとか思わないタイプなので。そりゃ、経済的に余裕があればボランティアも寄付とかもいいなと思いますが、基本的に自分が犠牲になることなく、誰でも真似できるような人助けの方法を考えたいです。ベーシックインカムだって、貧困層がなくなることで社会が改善されることを主張することで、予算を獲得することが可能になると思っていますし。河合隼雄さんが書いてたように記憶しているんだけど、アルコール依存症だって、依存症者が治療費を払える対象になったから依存症が医療として成立するようになったのであって、依存症のひととその家族が治療費を払うことができなかったら医療ではなくて社会問題だったのだと。まあ、それを読んだときはショックだったし、治療費が払えなくても「治療」を受けることによって症状が改善するのなら、それは医療なんじゃないかと思うんだけど。まあ、私が社会人大学から、大学院に行くかどうか悩んでいたときに、院で臨床心理士とるように勉強しようかと思って読んだ雑誌のコラムに書いてあったことだから、いま正確に引用できないし、その主張があったことをググることもできないんだけど、あと、心理療法を受けたいとおもうような人は患者であって、臨床心理士などを目指してはいけないとか、厳しいことも書いてあった記憶がある。)

中国語の絵本はネットに音源がいつまでのっているかわからないので、ライン入力でMP3レコーダーにそのうち録音しようと思っています。

Noneが物理と化学を両方のばすのに苦労している話を私にしてきました。バランスをとるとかじゃなくて、両方力入れるために勉強量増やせばいいんじゃないかとぶったぎったらNoneが凹んでいました。

J「その勉強量で、今の志望校目指すとか、ホンマ舐めてるし。」

みたいな感じです。

まあ、でも、勉強法の改善方法について、私が思うところを言うと、それにも納得してくれる状態です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





林先生の初耳学4月1日放送分みました。

アタマ真っ白なって、中国語教室の予習をするのにもココロ虚ろだったので、丸善ジュンク堂に行ってきました。

キンドルで買うつもりなんだけど、店頭で
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

見てて、

ちょっとざっと飛ばして読んでいたら、AI技術が仕事を奪って、その代りの仕事ができる人材を育てる教育が実現できないとしたら、ベーシックインカムに頼らないといけないのかな的な話もここでされていました。

平置きされている本のところに、4月1日放送の林先生の初耳学で、この本が紹介されたという文句を見て、本屋で本を読むのはちょっとにして、家に帰ってユーチューブに上げられているその放送を見ました。

番組では、東大卒なのに、意外な職業についている人をとりあげたものだったんだけど。

新井先生の本は番組の真ん中あたりで紹介されていて、本に収録されているAIにはできない読解力の試験を東大生にさせるという企画がありました。

メジャーリーガーの何%が外国人で、そのうちの何%が何人である、という文章に合った円グラフは次のうちのどれか、という問題だったんだけど、

ウソ、東大生の正解率、そんな低いん?みたいな結果だったんだけど。

新井先生の本には、読解力を上げる鉄板な教え方ってなくて、人間もどうやったら読解力上がるかはっきりわかってないらしくて、

Noneは、そのへん苦労しないでできているんだけど(でも、受かってほしい大学にいける偏差値とか他の科目でとれてないのが残念なんだけど)ちょっと、読解力が必要な職業なら大丈夫だというんだったら、読解力のない高学歴さんよりチャンスがあるのか的な希望とか持ったりして。(甘いかな)

本に書いてある、受験勉強をする子に要求される、すぐに役に立つと思えないものでもとりかかれる力とかは、実際自分が大人になってみてわかったもので、Noneにも身につけて欲しいものだったりします。

その逆で、子どもの時から好きなことばかりさせていた子とか、伸びる子もいるだろうけど、必要とされることができる子になるんだろうかとか、自分のやりたいことばかりやってる子に人を思いやったりする力とかつくんだろうかとか、私は疑問に思ったりします。

まあ、ちょっとしたら、新井先生の本買おうかなと思っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





ちょっとダメっぽい

仕事、受けるとこ、面接受けたんやけど、なんかテキトーって感じで、ダメっぽいorz

まあ、結果来るまで、そんな期待せずに待っていようと思います。

次、探していかなアカンわー、みたいな感じで。

やっぱり今アタマ真っ白です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





AIに相談する、というのが近々実施されるらしい。

今日、仕事中、職場でかけているニュースを見ていたら、

LINEを活用した社会課題解決手法の研究に関する連携協定の締結

というのが実施される予定だそうで、

LINEで、
「このごろ運動不足で・・・」
とか相談すると、近くのスポーツ施設を紹介したりとか、そういうことができるらしい。

まあ、AlexaっやGoogle Homeでもできそうな話なんだけど。(Siriとかコルタナとかどうなんだろう)

Noneが学ぶ心理学の方面とかどうなっていくのかな。

まあ、当分は、そんなスポーツ施設紹介されても、そこに行けない人とかの相談とかをしていくのかなとか思ったりするけど。

私自身、将来に対する不安とか相談したいけど、できる相手なくて、思いつくままに知りたいことググって自分なりの答えを出しているんだけど、それがAIで少し変わるのかのかなとか思ったり。(自分が検索するのとは違うようなものの調べ方とか答えとか出るのかなとか思ったり。)

人の気持ちを理解するのは、人の仕事なんじゃないかなと思うので、Noneのできる仕事が残っていてほしいけど。(っていうか、それを作っていかないといけないのか)

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





修学旅行とかの準備

あいかわらずアタマの中真っ白で、焦っています。

ちょっと文章でも書いて脳のリハビリをしようと思います。

Noneはスタディサポートのテストがあったらしく、英語が難しかったわりにマークシートで、書いちゃうとケアレスミスとかのチェックもできない状態なので、時間を余らせた人が多かったらしく、Noneももうちょっとで寝るところだったと言っています。

校内順位とかどうなってるかドキドキです。(落ちている気が・・・っていうか、Noneが落ちているというより、ほかの子が頑張っているのに、Noneが頑張れてない気が)

あと、修学旅行の書類提出とか。保険は一応学校が勧めてきたのを申し込みました。(事故あった時の治療費出るし、海外でモノ壊しても保険がきくらしいので、数千円ケチって大事なモノ壊しちゃったときとか弁償代かかるのイヤだし。)

スーツケースも買わんとイカンなあ、という話をしていました。

DABADA(ダバダ) 軽量 スーツケース S M Lサイズ 全8色 スタンダードベルト付 (M, ブラック/ピンク)

(色とサイズが選べます。私的にはお買い得かなと思いました。)

いくつかのグループに分かれるところは、英語を勉強するのにいいコースもあるんですが、Noneは全然そういうの候補にいれずに別のグループに行くことにしました。残念なような、Noneらしくていいような。

個人的には、いまいい雰囲気でいて、このままいい波にのれたらいいなと思っています。(なんの根拠もなくいい感じなのですが。)

今プライムでフレンズ見ています。iPadで超字幕も買っているので、また見てみようと思います。

見ていて、セリフ覚えるまで同じドラマ見るのも悪くないなと思ったりします。

不安でいっぱいなのの気がまぎれたりします。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





落ち着いていられない

きのうは午前中はフィットネスで体をほぐすのにほぼ午前中を使いました。

身体硬いのんほぐすの、ストレッチもいいけど、湿布貼ったらいいんじゃないかと思って、きのうダイコクドラッグ5%オフの日だったから、湿布買いました。

昼から仕事だったんだけど、やはり心ここにあらずで。

で、仕事終えたら不安でいっぱいになって、ほかにできそうな仕事をネットでさがしていたら、日付が変わりました。

なんか、長く続けられそうなのはやっぱ清掃とかじゃないかとか思ったりしたんだけど、この年で今いったら、おじいちゃんおばあちゃんから仕事をとられると思っていじめられたりしないかなと思って、もうちょっと先にしようかなとか考えたり。

今日は、きのう遅かったので、Noneの朝支度を終えたら二度寝。9時ぐらい起きて図書館に届いているという予約した本を取りに行くも、今日は淀川図書館休館日。ハローワークが近いので、そのあとハローワークでもできそうな仕事を探しました。

自分に向いてそうな仕事が出てきやすい検索方法をみつけました。

今日は午後から教会の祈祷会に出て、あと、いるだろうものをヨドバシカメラに買いに行きます。

ああ、あと、Noneの修学旅行の保険の資料とか見ないといけないし、中国語教室の予習もしたほうがいい。

シニアまで働くことを考えたら、キツくなくて、人間関係おだやかな清掃の仕事とか探した方がいいのかなは思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





AO入試考えようかと思ったんだけどやめました

草薙君の出てる伊右衛門のCMが心に響く。

あと、松ちゃんがスティーブジョブズっぽいスピーチやってるのおもろい。

って、何を信じていいのかわからないときにテレビつけたら、『コンフィデンスマンJP』やってて、思わず見入ってて、その間に流れているCMだったのですが。

まあ、今どきそんな簡単に人はだませないのわかってるんだけど、(っていうか、ドラマ見ながら大衆全体がなにかに騙されてるっていう感はあるんだけど)なんか、いまの自分のケチクサイ人生を忘れる時間ができたようで面白かった。いいね、こういう行き詰った世の中に、これぐらいリアリティーがないドラマとか。

基本、自分、めっちゃ正直者なんやけど、それは、初めから正直だったわけではなくて、家が貧乏なのに見栄をはって、ピアノ教室がちょっとでもはやるようにしていた母がいて、母は、学生の時に音楽大学にいたから、金持ちの暮らしをしっていて、それなりのことが言えるんだけど、子どもだった私は同じようにしようとして金持ちがしそうなことを思いついて言うんだけど、本当のちょっと小金持ちの家の子とかにすぐバレて、めっちゃ後戻りできない状態に追い込まれたりしたのとか、いろいろあって、嘘はつかないようになったんだけど。

あと、正直で生きていたら、人から信頼されるようになるだろうと思うところがあって。(これは、大概嘘ついたりするような人より自分が信頼されてるかどうか自信がない)

まあ、でも自分、ちょっと苦労した人の方が嘘つかん人が多いっていう偏見ある。(別に何の統計とかで出てるデータでもないけど)

って、今日もあんまり話せる話題にできるようなことがリアルでなかったんだけど、一応考えていたAO入試とか、推薦入試について調べてみたら、Noneの思う資格がとれないコースだったこととか、その学科だったら、その大学はAO入試受かったら特別な理由がない限り辞退してはいけないとかキツイなということで、その大学については、Noneの思うコースや学科で一般入試を受けるほうがいいねという話をしていました。

そのAO入試を見つけたときは、穴場の入試見つけたんじゃないかと意気込んでいたんだけど。

まあ、確かめずに、入ったものの、資格が取れないコースとか、後でわかるよりよかったかなと。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。