古いキンドルでドイツ語の読み上げができるようになった

今日、普通に起きて、朝食後はフィットネス。

フィットネスとか病院とか、日にち気にせんと通えんといかんわーと思って、夕方からの仕事がやっぱりしたいなと思っています。

午後から、教会の祈祷会に行くので、もらったテキストの予習に午前の残りの時間を使う。

聖句とか覚えるの、英語とかドイツ語の方がカッコえーわー、と思って、前に中国人の人が教会に来てた時に買って持ってた、
聖書日中対訳

で、英文のところ蛍光ペン入れたりして見てました。

ドイツ語どうかな、と思って検索してみたら、
Bibel: nach Martin Luther, 1912 (German Edition)

をNoneが小学校の時に買ってた、ふるーいキンドルに入れてみたら、なんとドイツ語の音読ができるように音声エンジンがダウンロードできる状態に。

アマゾンのカスタマーによれば、音読ができるかどうかは、その本によって違ってくるので、ドイツ語なら全部読み上げられるわけではないらしいけど、すくなくともドイツ語の上の無料の聖書は音読できたし、おそらくテキスト読み上げ機能で有効でてるやつは読めるんだと思う。

聖書の聖句をドイツ語で暗記するのを趣味にしようかと思ったんだけど、
Deutche Volksmärchen von Benedikte Naubert (Vollständige Ausgabe): Erdmann und Marie, eine Legende von Rübezahl + Erlkönigs Tochter + Die hamelschen Kinder … Roßtrab + Die weiße Frau (German Edition)

みたいな民話もあってたぶん読み上げてくれるので(いないと思うけど、もし買ってみようという人がいたら、一応「無料サンプルを送信」で確かめてみてね)買ってみてもいいなと思っています。

フランス語やスペイン語でテキスト読み上げ対応になっているやつは見つかりにくいですね。(少し探しましたがありません。)こういう、音声読み上げ機能とかドイツ人好きそうだと思うので、ドイツ語が読み上げできるようになっているのかもしれません。

祈祷会では、ここまでの信者になれるかな、というぐらいのお話をしてたんだけど、神様を信じていれば、技能とか能力とか身につくとかいうの、信仰してれば報われる的なの、本気で信じてみたらできるかもみたいに思わなくもなくて。(年号が記憶できるとかできないとか信仰の問題やみたいな感じでNoneに言ってみようかと思ったり。)

で、教会学校でお世話になっていた方が、入院しているので、そのお見舞いに行きました。

手術は成功したのですが、回復には時間がかかるかもしれないというお話で、休日でもお見舞いに行けるのなら、また日を改めてNoneの学校が休みの日でもお見舞いに行けたらなあと思っています。

帰ってから、家にいたNoneに、オカンはキリスト教でお墓にはいりたいし、お葬式もしてほしくて、きっとそれは、ほかの宗教に入るより経済的負担が少ないだろうと言うと、Noneは納得したみたいで、たぶん来週からNoneは教会の礼拝に参加してくれるんじゃないかという話で。(それも、私が次の仕事、教会に行ける時間に仕事を見つけられたらの話で、私が行かないのに、Noneだけが行くことは考えにくい。)

一応、自分が唯一、なにか根付いたものを感じているのがキリスト教だから。自分がドイツ語をやろうと思ったのも、そこから哲学をすることになって、キリスト教精神を知ることになったのも、なんか導かれたのかなと思って。

一応仕事は希望するところがあるんだけど、かなーりブラックそう。受かるかどうかもわからないし。

まあ、高校でバイトしてたときから、条件悪い仕事ばかりについていたから、社会的弱者で生まれて、ずっとそうしてるんだけど。

ただ、高校の時バイトしてたような職種に、今戻りたいと思っても、ずっとその世界で仕事してたひとからは歓迎されにくいのはなんとなくわかった。

今のクリーニング屋だと、休日まで仕事のSNSがひっきりなしに入る(仕事の、というよりは、もう一人の人が機嫌がわるいときに気に食わなかったことをガンガンいれるようになって)、で、毎朝、急に朝6時半出勤を呼び出される可能性があることを覚悟して働くことができなくなったこととかがあります。(自分が嫌なことがあったら、私が受け付けたクリーニングをチェックして、実はこれもっと高くとれるやつだからお客さんからもらうか自分で出すかしてと言うようになったのもあるけど。)

まあ、貿易会社の仕事でも、老後は苦しいの見えてたから、老後対策を今から考えていこうと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





酸っぱい葡萄

面接受けてたとこ、アカンかったです。

どこに応募したかはたぶん秘密にしなアカンくて、でもきっと応募したときにうちのブログの記事みたひとには、そこの求人情報の広告とかブログの中に出てた人がいるんじゃないかな、応募したときにブログ見に来る人がたくさんいたから。

ぜんぜん、そこで応募してるのなんか知らなくて、在宅ワークにひとつ応募したら、その画面に求人出てて。自分の検索履歴がその会社の応募につながったみたいな気がして。(って、あの時期在宅を検索したら誰でも見れたのかもしれないけど。)

『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカのキャンディーバーみたいだった。(ゴールデンチケットは手に入れられなかったけどね。)

ネットで見たら、一次の選考で落ちてる人もいるから、そこを通り抜けただけで自分にご褒美っぽく思う。WEB面接したってだけでも、なんか新しい時代を見れた気がして。

正直、シフトの一切を会社側に決定されるとか勤怠守れるか自信なかったし、6か月で正社員になるチャンスが回ってくるらしいけど、私は扶養のままでいたかったし、正社員になれる自信なんかさらさらなかったし、6か月、最長で1年で雇止めになることがわかっていて家の有線LANを母のピアノの防音部屋につながるように工事してもらうの、ちょっと割に合わないかなとか思ってたし。

って、めっちゃ酸っぱい葡萄の話してる。

買いたいキンドル本が、あのスマートスピーカーが、1割引きで買えるかもしれない、という誘惑で、お急ぎ便がまだ届いてないんですけどみたいな相手の対応をする仕事につこうと本気で考えたくせに。(って、もうどこか言ってるようなものだけど。)

(って、コールセンターじゃなくて、本気の社員の方とか、検索したら、それなりにクリエイティブな仕事している日本人で、ある日突然スカウトとか来た人の話見たんだけど。って、ならなかったそうですが)

なんか、この数日めっちゃ緊張した。大阪外大受けて発表までよりも緊張したかもしれない。(社会人入試は、ある程度試験でどのぐらい自分ができたとかがわかっていたから、高校の時の成績表がマイナスでなければなんとかなってるだろうと思っていたので)

まあ、落ち込んでるヒマはなくて、コールセンターでまた別のとこ応募しました。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

は、1割とかならないので、普通に買う予定。(ブログ書き終わったぐらいに買おうと思う。)

って、ここまで書いて、さっき応募したコールセンター扶養から外れるの気づいたから、ほかの探してました。

ブラックバイトかもしれないと思ってめっちゃググるも、どんな仕事なのかわからない状態で、ネット社会って、検索しているユーザーとか、検索履歴でだれがどんな人とかバレバレなのかもしれないけど、この会社どんな会社とか思っても、ブラックなところはうまく隠すことができたりしてるのかな。

まあ、クリーニング屋、たいがいブラックやったし、きょうびアラフィフやとってくれるところって大なり小なりブラックなんやろうと思うけど。

めっちゃいっつも募集してるやばそうなところに応募してみようかなと思っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





前の中国語教室の人と会ってました。

まえの中国語教室の人と会ってきました。

三番街で一緒にランチ。って、天丼におうどんの定食で、そんなオサレなお店で食べたわけじゃないんだけど。(まあ、おいしかったはおいしかったし、よかったんだけど。)

注文して、定食が届く前に、借りてた本を返して、コピーした絵本の一部を渡して、今の中国語教室のテキストを見せて、したんだけど。

そのときは、期待してたほど絵本のコピーに「ありがとう」がなかったので、若干(´・ω・`)ショボーンだったんだけど。

まあ、前の中国語教室では、長く通っているのに上達してないひとがたくさんいて、そのへんの不満とか聞いていました。

私は、ネイティブチェックを受ける場所を持っているかどうかが問題で、教えてくれる人の力量に頼る気はあんまりなくて通っていて、あとは自分が話したいトーク内容が、その先生が許容してくれるかの問題で、ネットや機械ものを使う勉強法が機械音痴の先生たちに不評だったので、今こうなっているんですが。

今の先生も、私が他の教材とかで勉強しているのはあんまりよく思わないみたいなんですが、今の教室は、今のテキストだけで十分レベルが高いので、テキストに合わせた話をしてるだけでOKみたいなところがあります。

そのあと、喫茶店でコーヒーを飲みながら、おたがいの中国語の学習状況の話をしました。

で、家に帰ってやる気のあるうちに自分の中国語を勉強しはじめようとして、

でも、絵本、私もコピーとって、本の上にペンで意味とか書けるようにしようかなと思いました。で、音もネットから音がきけなくなる可能性があるから、MP3レコーダーに入れておこうと思って、5円コピー機があって、電気屋もあるところに行ってきました。

そしたら、さっきのひとから電話が。
「QRコードを読み取ったのに、音が聞けない。(>_<)」 というので、アンドロイドでは読めないのかもしれないから、アドレスをコピーしてパソコンかなにかで試してみて、と頼んで、もしそれでもだめなら、MP3レコーダーで録音したのをあげるから、と言いました。 で、電気屋でMicroSDカードを買って、コピーした大きさのファイルを買って、コピーして帰ろうとしたら、また電話が。

これは、アップル製品でしか音がきけないという表示が出たそうです。iPadを持っている人だったので、iPadで見てねとお願いして、

で、明日、私が行っている中国語今日教室の体験レッスンを受ける予定で、違う時間帯になると思うのですが、たぶん来るそうです。

これがアフィリエイトやったら、なんか返ってくるのに、と思いますが、なんかの記念品でも貰えないかちょっと期待したりもしています。

こういうのって、私には自分がもうけようとか思って何か買ってもらったり、入会してもらったりするのは向いてないのかなと思います。

まあ、その人にとっても、いい中国語教室になればいいなと思っています。

私は私で、年会費払ってしまったので、土曜を休める状態で次の仕事探すの大変だけど。
(まあ、平日のみのオフィスビルの掃除とか、なんしか探せばあるような気はして。ただ掃除は、思い荷物を抱えないといけないようなのは体力的に無理かもと思ってるけど。)

今日、紀伊国屋前で待ち合わせだったので、紀伊国屋の前にいたら、
10年後の仕事図鑑

入り口のカゴに平置きにされてたので待っている間に読めるだけ読んでて。

面白いからこれも買ってゆっくり読みたいけど、耳の痛いことが書いてあった。

AIを恐れるのは、搾取されるような仕事を選ぶ人間だとかなんだとか。(きっちり暗記したわけじゃないから、引用ではないんだけど。)

まあ、なくなる仕事の例の中にデスクワークとおおきくくぐって書かれてました。

紀伊国屋前のビッグマンにそのとき、宝塚音楽学校のCMが流れていて、まあ、確かにこういう人ら、AIとか関係なさそうやな、と思いました。(まあ、それで今ググったら、5年先までツテで入学者決まってるらしいんだけど。エデュで中高一貫校の中学から受験して残念でも高校に残れるように、学校に秘密で受験できないかの話が載っていた。そのあとにそこまでじゃないですよとの書き込みもあったけど。でもほかの富裕層向けのブログを見たら、それだけ厳しい道をくぐり抜けても、収入と言う意味では見返りの少ない道らしいのだけど。とはいえ娘役はいい結婚話がくるらしいし、政治家になる話も書いてあった。)

ただ、宝塚音楽学校みたいにとは言いすぎだけど、これからの学校教育で重視されるのは、そういうAIでできないことにもっと重点をおいたほうがいいのかなは、なんとなく思いました。(別に、音楽や踊りにばかりじゃなくて、なんか人間ならではの技能をのばす教育ができるように)

馬渕教室が咲くやこの花中高一貫校の対策コースができたんだそうだ。(今のところ、野田阪神校と御幣島校のみ)
咲くやこの花中高一貫校対策コース

富田林高校の中高一貫対策コースの下に書いてあるんだけど。

まあ、知り合いが、咲くやこの花の芸術コースの中高一貫校から私立の芸術大学に進みました。

親御さんとしたら、私立はきついので、公立の芸術大学も受験したのですが、本人の希望がアニメーションだったので、その公立大学はそんな学科ないので、それを推すのは親の希望が強いなと思っていたのですが、芸術系は私立は高いので、なんとも言えない話だなと思っていました。

まあ、そのお子さんの大学受験とNoneの高校受験を区切りに、交友がほとんど途絶えてしまいました。(まあ、その前に、うちが文理校受験目指しているという話をしたぐらいから距離はおかれてたんですが。文理学科ではないにしても、文理学科のある高校に合格したあたりから、会う機会がなくなりました。私としては、そちらは芸術に長けたお子さんを持っていて、うちでは勉強をがんばっている、というお互い様の立場にどうして立ってくれなかったんだろうと残念に思っていますが)

まあ、もし結婚願望がないNoneの気持ちが変わって、将来結婚して子供を産んでとかなって、仕事で忙しいから子育てはオカンにまかすわとか言われたら、たぶんNoneのときとは全然違う育て方するだろうなと思ったりします。

実際、現在AIの発達がこれだけ職業事情を変えているとあって、Noneの進路予定さえかなり方針を変えているし、ただ、いまのところ私も、どうしていいのかわからなくて迷走しているだけかもと思いながら進めているんですが。

まあね、斜めから見てると言われるだけかもしれないけど、たとえば大学教授の子どもなんか、大した勉強してなくても、大きくなれば教職つける保障とかあるのかなと思わなくもないけど。(一生が勉強とか言って)

のびのびと育てればいいんですとかいう人たちは実はハイクラスで、人が嫌がるキツイキタナイ仕事は下層のものがやることに決まっているのかもしれないとかも思ったりしなくもないし。(ひとが嫌がる仕事につく想定をそもそもしなくていい人たちなのかなとか思う。)

10年後の仕事図鑑には、雇われることよりも起業することを考えるように書いてあるみたいだけど。

まあ、技術は高いらしい小さなクリーニング屋で働いてみて、技術は高くても、個人で起業とか、大手には勝てそうにないような気しかしないんだけど。

高い技術を持っていても、それにお金を出せる人が少なければ、やはり儲からないのだろうと思う。

労働の価値とか、商品の価値とか、根本的に考え方を変えるときにきているのかもしれないけど。

それこそ、生活に必要なものは、生きているだけで手にはいり、生活に必要な労働はボランティアでされるようになるような、(これは極端だけど、今の何でも安く手に入り、低賃金で人が働いているのをつきつめると、そんな感じになりそうな気がして)そんな社会とかあるのかもしれないと思う。

まあね、保守の人たちのブログとか読んでいると、守りたいのは「文化」とかじゃなくて、自分たちが有利になっている社会の仕組みなんだろうと思うところもあって、給料が良くて、待遇のいい仕事が優先的に回る人たちというのがいて、そんなボランティアの社会とか、低賃金労働者の成れの果てにすぎないと思わなくもないんだけど。

それでも、私の時代を生きてきた人間として見てみれば、外国に行ったって、本屋の巡回がそのほとんどを占めるような者なら、アマゾンで洋書が買え、そのうちバーチャルで観光名所が3Dで見れるようになるというなら、そんなに必死になって海外旅行に行けるお金とかいらないしな、と思う。

アップダウンクイズとかで、ハワイ旅行が夢だと幼いころに植え付けられた時代の人間だからね。

まあ、そこで、ハワイに行くのが夢だと思うのか、ほかの人が行けないところに行くのが夢だと思うのかで、なにがしたいかの希望が変わってくるんだろうけど。

あと、大阪は、海外旅行者が増えているところだから、外国に行くよりも、外国から来るのを待っているほうが楽だとか思っていて、国際的な体験とか、待っていててもできる場所だからかもしれないけど。
(南北格差とか言われて、キタはインバウンドの恩恵あんまり受けてないんだけど)

今月は今の中国語教室の年間費用が引き落としされる月でもあるし、次の仕事への不安もあるから、本があんまり買えないけど、落ち着いたら、読みたかった本を買って読もうと思います。

あと、いまから中国語の絵本をMP3レコーダーに入れれるだけ入れようと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





Noneと話せるようになってきた。

昨日の夕食後は、Noneと一緒に林先生の初耳学を見ていました。

Noneは尼神インターの渚が苦手なんだけど、尼神インターの渚も東大卒の大工にはちょっとビビってる感じやったで、とか言って、Noneも見ながら「ホンマや」とか言ってました。(しゃべくり007でネプチューンとかにからんでいるのを一度みて、もう尼神インターが出てる番組は見ないと、正月の格付けも見なかったぐらいキライなのですが)

Noneは、最近私に対して態度が変わってきて、とくに認知心理学の講義で子どもの時訓練されたこの方が能力がある話を聞いたあたりから、

なんにもないときに、
N「母さん、ゴメン。」
って言った後、
N「うっそー。」
とか言って胡麻化してました。

なんか、いままで、なんか育ち方に不満があるときは、ほとんど私のせいにしてきてたんだろうな、というのがわかります。で、ここにきて、私が育ててきた考え方とかがわかって、納得がいって、なんか謝りたくなったんじゃないかなと、私は勝手に解釈しています。

先日は、
J「オカンが受験エリートにNoneをさせたかったんやったら、小学校の時に、

とか読ませたりしない。」

と言ったら、

N「そやな。」

と納得していました。

中の紹介ができないので、ひとつだけ、セリフでわかりそうなネタを書いてみます。

01くん「ああ、頭の中にラジオの電波だけではなく、テレビの電波もはいりこむようになってしまった。」

01くん「海外からの電波らしきものもまざっている。こわい・・・とっても不安だ・・・」

01くん「でもまけちゃいけない。きっぱりとはねのけてやるんだ。」

01くん「たとえ集金人が気のよさそうなじいさんでも。」

外の人がノックして「おたく衛星放送みてます♡?」

他も、お気に入りの漫画いっぱいあるけど、コレ秀逸だなと思う。
(とか言って、AppleTVのアプリとかで、海外のチャンネル見れるもので、正規のルートで見れるようにしてるやつなのかなとか思うものもあったんだけど、近いこと思う。って、漫画の方は、妄想とか幻覚幻聴を見てる人を書いてるのだと思うけど・・・どうなんだろう、オタクの世界だから、実際何かをハッキングしているのを、幻覚幻聴のことにしているのかなとも思うし)

なんか、危険人物として排他されそうな人をおもしろく書いて温かく受け入れるようなネタが多くて好きなんだけど、永野のり子さんの漫画。

『科学少年01くん』のなかでは、実は横川電機のロボットの話が一番好き。(ブログで内容をうまく伝えられる自信がないから書けないけど、あどけない横川電機の試作品のロボットに、つい暴力をふるってしまう男の子のお話。)

今朝は心理学概論の講義の1回目を見ながら朝食。(認知心理学の講義は15回全部見ました。)

機能主義とか構造主義とか、臨床心理士の資格の試験に出そうなタームの説明とかありました。

終わったら、私は中国語教室の予習をして、出かけようとするときにタオバオで買った中国語の本が届きました。

スマホでQRコード読んで、朗読の音を聞くことができました。

一気に読んじゃうので、子どもが朗読に合わせてページをめくるのは難しいと思ったけど、寝る前の読み聞かせとか、何かの待ち時間をつぶすのに聞かせるとかにはいい感じかなと思います。

私の買ったのは、幼児に衛生とか、早起きとか、好き嫌いをしないとか、そういう、好ましい人格を育成しようとするもの。

ただ、おもいやりを持とうとかいって、お小遣いを困っている他人のために使おうとか、私なら子育てにそういう教えはしないな、という話も載っているみたいです。(あんまり人助けのために自己犠牲とかしようとか思わないタイプなので。そりゃ、経済的に余裕があればボランティアも寄付とかもいいなと思いますが、基本的に自分が犠牲になることなく、誰でも真似できるような人助けの方法を考えたいです。ベーシックインカムだって、貧困層がなくなることで社会が改善されることを主張することで、予算を獲得することが可能になると思っていますし。河合隼雄さんが書いてたように記憶しているんだけど、アルコール依存症だって、依存症者が治療費を払える対象になったから依存症が医療として成立するようになったのであって、依存症のひととその家族が治療費を払うことができなかったら医療ではなくて社会問題だったのだと。まあ、それを読んだときはショックだったし、治療費が払えなくても「治療」を受けることによって症状が改善するのなら、それは医療なんじゃないかと思うんだけど。まあ、私が社会人大学から、大学院に行くかどうか悩んでいたときに、院で臨床心理士とるように勉強しようかと思って読んだ雑誌のコラムに書いてあったことだから、いま正確に引用できないし、その主張があったことをググることもできないんだけど、あと、心理療法を受けたいとおもうような人は患者であって、臨床心理士などを目指してはいけないとか、厳しいことも書いてあった記憶がある。)

中国語の絵本はネットに音源がいつまでのっているかわからないので、ライン入力でMP3レコーダーにそのうち録音しようと思っています。

Noneが物理と化学を両方のばすのに苦労している話を私にしてきました。バランスをとるとかじゃなくて、両方力入れるために勉強量増やせばいいんじゃないかとぶったぎったらNoneが凹んでいました。

J「その勉強量で、今の志望校目指すとか、ホンマ舐めてるし。」

みたいな感じです。

まあ、でも、勉強法の改善方法について、私が思うところを言うと、それにも納得してくれる状態です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





林先生の初耳学4月1日放送分みました。

アタマ真っ白なって、中国語教室の予習をするのにもココロ虚ろだったので、丸善ジュンク堂に行ってきました。

キンドルで買うつもりなんだけど、店頭で
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

見てて、

ちょっとざっと飛ばして読んでいたら、AI技術が仕事を奪って、その代りの仕事ができる人材を育てる教育が実現できないとしたら、ベーシックインカムに頼らないといけないのかな的な話もここでされていました。

平置きされている本のところに、4月1日放送の林先生の初耳学で、この本が紹介されたという文句を見て、本屋で本を読むのはちょっとにして、家に帰ってユーチューブに上げられているその放送を見ました。

番組では、東大卒なのに、意外な職業についている人をとりあげたものだったんだけど。

新井先生の本は番組の真ん中あたりで紹介されていて、本に収録されているAIにはできない読解力の試験を東大生にさせるという企画がありました。

メジャーリーガーの何%が外国人で、そのうちの何%が何人である、という文章に合った円グラフは次のうちのどれか、という問題だったんだけど、

ウソ、東大生の正解率、そんな低いん?みたいな結果だったんだけど。

新井先生の本には、読解力を上げる鉄板な教え方ってなくて、人間もどうやったら読解力上がるかはっきりわかってないらしくて、

Noneは、そのへん苦労しないでできているんだけど(でも、受かってほしい大学にいける偏差値とか他の科目でとれてないのが残念なんだけど)ちょっと、読解力が必要な職業なら大丈夫だというんだったら、読解力のない高学歴さんよりチャンスがあるのか的な希望とか持ったりして。(甘いかな)

本に書いてある、受験勉強をする子に要求される、すぐに役に立つと思えないものでもとりかかれる力とかは、実際自分が大人になってみてわかったもので、Noneにも身につけて欲しいものだったりします。

その逆で、子どもの時から好きなことばかりさせていた子とか、伸びる子もいるだろうけど、必要とされることができる子になるんだろうかとか、自分のやりたいことばかりやってる子に人を思いやったりする力とかつくんだろうかとか、私は疑問に思ったりします。

まあ、ちょっとしたら、新井先生の本買おうかなと思っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





ちょっとダメっぽい

仕事、受けるとこ、面接受けたんやけど、なんかテキトーって感じで、ダメっぽいorz

まあ、結果来るまで、そんな期待せずに待っていようと思います。

次、探していかなアカンわー、みたいな感じで。

やっぱり今アタマ真っ白です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





AIに相談する、というのが近々実施されるらしい。

今日、仕事中、職場でかけているニュースを見ていたら、

LINEを活用した社会課題解決手法の研究に関する連携協定の締結

というのが実施される予定だそうで、

LINEで、
「このごろ運動不足で・・・」
とか相談すると、近くのスポーツ施設を紹介したりとか、そういうことができるらしい。

まあ、AlexaっやGoogle Homeでもできそうな話なんだけど。(Siriとかコルタナとかどうなんだろう)

Noneが学ぶ心理学の方面とかどうなっていくのかな。

まあ、当分は、そんなスポーツ施設紹介されても、そこに行けない人とかの相談とかをしていくのかなとか思ったりするけど。

私自身、将来に対する不安とか相談したいけど、できる相手なくて、思いつくままに知りたいことググって自分なりの答えを出しているんだけど、それがAIで少し変わるのかのかなとか思ったり。(自分が検索するのとは違うようなものの調べ方とか答えとか出るのかなとか思ったり。)

人の気持ちを理解するのは、人の仕事なんじゃないかなと思うので、Noneのできる仕事が残っていてほしいけど。(っていうか、それを作っていかないといけないのか)

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





落ち着いていられない

きのうは午前中はフィットネスで体をほぐすのにほぼ午前中を使いました。

身体硬いのんほぐすの、ストレッチもいいけど、湿布貼ったらいいんじゃないかと思って、きのうダイコクドラッグ5%オフの日だったから、湿布買いました。

昼から仕事だったんだけど、やはり心ここにあらずで。

で、仕事終えたら不安でいっぱいになって、ほかにできそうな仕事をネットでさがしていたら、日付が変わりました。

なんか、長く続けられそうなのはやっぱ清掃とかじゃないかとか思ったりしたんだけど、この年で今いったら、おじいちゃんおばあちゃんから仕事をとられると思っていじめられたりしないかなと思って、もうちょっと先にしようかなとか考えたり。

今日は、きのう遅かったので、Noneの朝支度を終えたら二度寝。9時ぐらい起きて図書館に届いているという予約した本を取りに行くも、今日は淀川図書館休館日。ハローワークが近いので、そのあとハローワークでもできそうな仕事を探しました。

自分に向いてそうな仕事が出てきやすい検索方法をみつけました。

今日は午後から教会の祈祷会に出て、あと、いるだろうものをヨドバシカメラに買いに行きます。

ああ、あと、Noneの修学旅行の保険の資料とか見ないといけないし、中国語教室の予習もしたほうがいい。

シニアまで働くことを考えたら、キツくなくて、人間関係おだやかな清掃の仕事とか探した方がいいのかなは思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





言えんのなら書くなって感じなんですが

まあ、仕事の事、現在どうとも言えない状態が続いています。(もしこのままスルーしたら、希望のところに決まって仕事の事書くなと言われたと思ってください。ほんま書きたいことぎょうさんあるねんけど、それ自体が合否にかかわりそうなので。それがあるからこの数日仕事についてわざとはぐらかしていたし、そうしつづけないといけなくなるかもしれません。ってこれも、アカンかったら「あんなん書いてたのに」とか言われるんだろうけど。いけずなひとはおるからね。)

Noneの受験勉強の事、どの大学をどういうふうに受けようかとか具体的な話題をしています。それもちょっと書けなくなってきています。(今日の午後はそのへん詰めて調べていて、なにも手につかなくなっていました。明日月曜になって受けるかもしれない大学の試験について聞きたいことを問いあわせる予定で、もしNoneの希望にあっているものだったら、そのままヒミツにしていると思います。受ける前は倍率増やす話は自分からできないし、受かったら受かったで、どの大学受けたかバレる話になるし)

中国語の本は2キロで2000円ちょっとの国際送料を言われました。まあ、スマホで音声が聞ける絵本(日本でその機能が使えるかまだ保証がない。中国の無料アプリとか、中国の携帯電話番号がなければ使えないものがあるから、使えない可能性がなくもない)まあ、中国人が子どもに教えたい道徳とか書かれている本なので、中国人の価値観がわかっていいかも、みたいな感じで20冊3000円ぐらいは価値ありと思っているけど。まあまだ送料がわかったってだけだから、商品自体がちゃんと届くのかもまだ保証されたわけではないですから。

明日からNoneの新学期が始まります。

実は春休み中、定期切れてたのに、ピタパだから電車には乗れて、知らずに電車料金払って乗ってたことに今日気づきました。明日も普通の大人料金で行ってもらって、帰ってから明日からの定期券購入になりそうです。(まあ、春休みに何度か学校に行ったけど、定期券買うほどじゃなかった回数だと思うので、べつにいいかな、なんですが、学校ある時期に気づかないで乗り続けることになったらかなりキツイのでこれから注意しないとと思います)

まあ、ほんま心ここにあらずで、書けることなくて、午後とか時間あったのに、中国語の勉強すら手につかなくて。

午前は教会に行って、それなりに人とつながりが持てて。

子どもの頃から、他の人には親切な人でも、自分が家庭環境に問題あったりすると、トラブルに巻き込まれるんじゃないかとつっばねて親切ではなかったりすることが多かったので、だれとでも距離を置いてつきあうのが性になってしまっていたし、今もそうなんだけど、自分が困っていても人には迷惑のかかるような助け方を求めないし、人が困っていてもつっぱねずにできるところまで相談とか乗ったりするようにはしていて、

教会にいるような、どちらかといえば社会的弱者といえるような人が多い場所で、いま同じように、ささやかな日常の会話をして、明日を生きる勇気を分け合えたらと思っていたりする。

前の牧師さんは、うちが主人から経済的に見放されそうで、私に生活能力がなさそうだと思ったら壁を作ったように思うけど

新しい牧師さんがどうするかわからないけど、直接助けるようなことはしないけど、牧師として宗教的な助言はくれそうだと思ったりして

まあ実際、今、耐えられないような試練には合わないことを信じていると、そうなりそうな気がするし、そう思っていると意外に道が開けるのではないかと思っていたりする現状なんだけど(とか言って、逆境に会うと、「あんな家つぶれると思ってた」とか言って笑うひとがいるんだろうけど)

夢は見る。Noneが心理学を学んで、同じような社会的弱者として育った人に、よりよい人生を歩めるように導くような職業について、自分の居場所を作っている姿を想像する。

子どもの頃、それこそ給食しか食べるものがない時期とかすごしたし、夏休みとかそれもないし、経済的に親を頼りにあんまりできない時期をすごして、結婚して、病気になってからだが十分に動かせなくなったら主人から追い出されて、生きていけるのかと不安になったし、頼るものが少なかった人生で、せめてあと残りの人生、できるところまで働くから、主人からの送金とか、Noneが無事に就職してくれるとかで、ささやかな生活ができる程度にすごしていけたらなあと思います。

この年になって、フィットネスとか行けるようになって、簡単なストレッチとか、ぜんぜん体育会系じゃないんだけど、いまなんか自分が許されて生きてるような気がすると実感したりします。

わかっているよ、もう一人の人は、どんなに無茶を仕事場で言われても、来月の家賃のためにこらえて仕事をしなくてはいけなくて、私のことを、家もあって、主人からもある程度の送金もあるから辞められるんだと(って、それを試すかのように、自腹切らないといけないかもいけないほうに話を持って行ったり、自分もしてるミスとかで大騒ぎしたりとかしてたんだけど)

まあ、でも、もう一人の人は、私から見たら全然贅沢な子ども時代を過ごしていたので、どちらの人生がいいかなんてわからないよなと思います。

チャンスがあったのに、自分でそれを活かさないで生きてきた人と、チャンスがなくて、這い上がろうとしたけど、うまくいかなかった人が、きつい労働条件のところで、うまく協力し合えないで別々になろうとしているというだけのことで

まあ、いままでついていた仕事のなかで、労働条件が過酷なところのほうが、働く人が助け合わないで弱い者いじめをするところのほうが多かったのですが。(なんか、仕事を頑張ろうとかよりも、いかに職場の弱肉強食を生き残るかに力がそそがれる感じで)

アラフィフで、主人の給料が下がって、子どもを進学させるために子どもが大きくなってから働いて、みたいなひとが、長く働いている人にいじめられて、弱っているブログとか今日たくさん見たのですが。

母に言わせると、昔のドッポン便所とかの肥溜めを運ぶ人とか、差別もされていたし、仕事もきつかったのに、生きていくために働いていたのだとか聞かされましたが。

日付がかわっちゃいましたが、

実際、今、トイレは衛生的だし、キツイ仕事だなと思うような仕事についている人に、あからさまに侮蔑するような発言をするひとも減っているし、これからもそういうことは改善できるしそうなるべきだと思うんだけど。

まあ、道がひらけるといいね。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





大学に行く意味を考えさせられた日

えと、坂木先生のツイッターで書かれてるのを昨日知ったんだけど、ベリタスアカデミーのアプリ、春の半額セールらしいです。
たしか、通常1200円だったと思います。見てみて600円だったら、それが半額の価格です。

なんか、見てたら中国向けにベリタスアカデミーからアプリ出してて、坂木先生の文法の教え方だけど、たぶん中国語ネイティブなんだろう女の先生が教えているアプリがありました。

アプリそのものは無料で、最初の10問だけ見ることができて、それ以降見るのなら1200円の課金を言われます。(これは半額セールじゃないみたいですね。って、私そこまで中国語わからないからお試し見て「へー」なだけなんですが。)

Noneにも動画英文法、また見るように勧めました。

今朝は、中国語教室の予習が十分じゃなかったので、認知心理学の講義は見ずに、私は中国語をしていました。

そこそこ勉強したら、教室の時間に。

言ったらびっくり、たぶん次からは私たちのあとの時間帯のクラスに行くんだろうけど、今日中国語をそこそこ話すイタリア人留学生と、日本人だけどそのイタリア人学生の先輩らしき、やはりそこそこ中国語を話すひとが(その人は大学は卒業してて社会人らしい)来ていました。

授業のレベル、(たぶん今回だけ)めっちゃ上がる。

イタリア人学生は、親の仕事の関係で日本に来て中、高と過ごし、これからは中国語も必要だということで、日本の私立大学で中国語を専攻しています。

まあ、母国語でない日本語で中国語の説明を受けるのはややこしかったそうなんだけど、英語でのテキストを手に入れて、そちらで勉強したら難しくなかったそうで。

現在就職活動中で、今度みんなが知っているような大企業の面接があるらしい。

「加油!」

とか言ってたんだけど、ワタシががんばれよ状態な今なんだけど。

その私立大学を中国語専攻で卒業しようと思ったら中検2級いるんや、と、ちょっと豆知識。

私が社会人学生をしていたことの大阪外大の中国語とか、どのぐらいのレベルで卒業だったんだろう。ドイツ語は、卒論の要約がドイツ語で書けたら卒業できたけど、その私立で中国語で中検2級なら、現在合併されている阪大のドイツ語の人にはTestDaf(ドイツのTOEFLみたいなもので、取るとドイツの高等教育機関のほぼすべての学科や課程で、入学に必要な語学能力証明として認められます。)私のときにはドイツの大学に入ろうと思ったら、語学試験のほかにアビトゥーアという試験に受かるか、日本の大学に2年以上通っているかだったのですが、今は日本の高校卒業資格がドイツの高校卒業資格に相当するか証明出来たらいいみたいですね。(大学によるそうなのですが。)ぐらい受かっていてほしいですね。(って、私のいたときは、ドイツ語ができるかどうかっていう語学力だけのことなら、外大に4年行くよりもゲーテインスティテュートに3年行く方が語学力は上で、外大は学問もできて学士をとるところだったのですが。)

いま、ドイツの大学入学資格を調べると面白いものが出てきました。

ドイツの大学入試「アビトゥーア」とは?日本と異なるドイツの受験事情

ギムナシウムに行った場合は、アビトゥーアに向けて13年生まで学ぶことになります。

日本では志願者が志願大学に赴き、その大学が定める試験を受けることになりますが、ドイツではそのような制度は基本的にはありません。アビトゥーアは卒業試験であり、その合否により希望する大学や学部に入学することが許されるようになっています。

■日本と違う?ドイツの大学入学に対する認識
 ドイツの大学試験で興味深いのは、アビトゥーアに一度合格するとそれには期限がないということです。日本では、高校在学中に大学を受験し、その年の4月から大学生になる人が圧倒的に多いですが、ドイツでは入学する期間は本当に人それぞれです。
高校を卒業してから、ギャップイヤーとして違う国へ留学したり、世界中を旅行して回ったり、もしくはインターン生として働いたり、アルバイトをしたりします。一度職業についてから、大学進学する人も数多くいます。
よくよく考えてみれば、日本のように18歳で将来をすべて見こし、専攻を決めなくてはならないことはとても難しいですよね。その点、ドイツでは一度世の中に出て、自分が何を勉強したいのかをきちんと考えてから大学へ進むケースが多いようです。だからか、30歳近くになっても大学生という人も多くいますし、勉強したい時にはいつでも勉強をやり直せるという環境が整っているように感じます。

日本は学歴社会と言われていますが、実はヨーロッパも学歴にこだわっていないわけではありません。特に「大学で何を勉強したのか」ということは、こちらで生活しているとよく聞かれることです。
日本では、大学で文学を専攻しておいて金融に就職、英語を専攻したけれど英語は話せない、という人を多く見かけますが、ドイツではなかなか専攻と仕事の関係性が希薄な人を見かけません。そのぐらい大学や大学院で何を勉強するかということは大切なことです。
自分が何を勉強したいのか、そしてそれをどう生かすことが出来るのかということをこちらの人たちは真剣に考えます。そして真剣な問いに対して出された答えに対して真摯に向き合おうとします。

まあ、私も、学問をそのまま仕事に活かせていないこととか反省しないといけないけど、(でも、職業にならない学問を専攻する意味がないとは思わないんだけど)大学に行く意味っていうのはこうであってほしいという気になります。

Noneが18になるまでに専攻を決めれるように焦ったところがうちにはありますからね。偏差値いくらの大学に現役で入れるように、ではなく、現役で入るときに専攻を決めれているように、がありましたから。(って、こういうこと書くと、現役でいけなかったら、「あんなん買いとったのに」ってまた言うひとが出るからやめておきたいけど、やっぱり現役で行けるところにしたくて)

って、ここで思い出したから書くけど、神大の国際人間よりも奈良女の文のほうがNoneのやりたいことが学べるんじゃないかと改めて奈良女を推したら、雰囲気苦手やったけど、考え直すNoneがいて、

J「人口の半分が受験資格ないなんてめっちゃ有利やん。」
N「えー、確かにそうなんだけどー・・・」
J「35億!」
N「ブルゾンじゃなくて。」

みたいな話をしていました。

春休み中に認知心理学の講義を15講全部見たいので、明日は朝起きて講義を見れるようにしなくてはなりません。

まあ、心理学を専攻できる大学の、できるだけいい授業が受けられる大学に受かってほしいものです。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。